光脱毛の注意点

光脱毛の種類と効果について
未分類

光脱毛の種類

エステサロンで行われる光脱毛にも、いくつかの種類があって、脱毛効果も変わってきます。光脱毛の種類について説明します。

エステサロンによって導入している機械が違うので、光脱毛の種類は変わってきます。現在エステサロンで主流となっているのが、「S.S.C脱毛」と「IPL脱毛」です。それぞれの特徴を比較してみましょう。

「S.S.C脱毛」は、イタリアで開発された機械を使います。専用もジェルを使う事で、脱毛効果が高まるという仕組みです。専用ジェルには抑毛成分が配合されており、施術前にジェルと塗布する事で、毛穴から抑毛成分が浸透して、脱毛と抑毛の両方の効果が期待できます。光は肌に優しいライトを採用する事で、痛みを大幅に軽減する事ができます。

「IPL脱毛」は、黒い色や色素に反応する光を採用している、日本で開発された機械を使います。肌には作用し合いので安全ですし、肌の奥にある毛根組織に反応し、毛根を萎縮させます。機械自体に冷却装置が搭載されているので、ジェルを使用しません。ベタつきが気になる人におすすめの機械です。

光脱毛といっても、機械によって施術手順や、期待できる効果は変わってきます。ただしエステサロンによって使用する機械は異なりますので、自分が希望する機械を導入しているエステサロンを探してください。エステサロンのホームページを見れば、使用している機械がわかります。不明な点があれば直接お問い合わせしてみましょう。

参照サイト(阪急梅田駅前店│光脱毛ラドルチェ

未分類

光脱毛で効果が得られない

光脱毛は機械の性能もアップしており、以前に比べると施術時の痛みは大幅に軽減されています。さらに、どんな毛にも幅広く対応ができるようになっていて、以前は施術が難しかったVIOラインの脱毛も、より安全でより効果的になっています。

しかし人によっては、エステサロンの光脱毛では、十分な脱毛効果が得られないというケースもあります。濃く太い毛は、光が集中しやすいので高い脱毛効果が期待できるのですが、強く反応するために、照射レベルを上げすぎてしまうと、やけどをする可能性があります。しかし威力が弱すぎると、全く脱毛効果が得られないので、調整が難しいところです。照射レベルを上げるという事は刺激も強くなるので、光脱毛でも痛みを感じるようになります

もしも照射レベルを上げても十分な脱毛効果が得られない場合は、ニードル脱毛か、レーザー脱毛という選択肢もあります。ニードル脱毛はエステサロンでもできますが、レーザー脱毛はクリニックでしかできません。

ニードル脱毛もレーザー脱毛も、永久脱毛効果が期待できるので、光脱毛では十分な脱毛効果が得られない人におすすめです。ただしニードル脱毛は強い痛みがありますし、費用も高くなります。レーザー脱毛は医療行為となるため、皮膚科や美容クリニックなどの医療機関に行かないと施術ができません。

未分類

光脱毛は永久脱毛ではない

エステサロンで主流となっている「光脱毛」は、永久脱毛効果は期待できません。ただし光脱毛が日本に導入されるようになってから、まだ日が浅い事もあって、確実なデータ検証ができていない状態です。中には何年経過してもうぶ毛程度の毛しか生えてこないという人もいますし、少し目立つ毛が生えてくるという人もいます。

データが十分ではない事もあって、光脱毛には永久脱毛効果があるとは言えないのです。
もともと光脱毛は、光を照射したところの毛根を萎縮させる脱毛法です。ニードル脱毛やレーザー脱毛は、毛根を破壊するので、一度きちんと処理しておけば、毛根は再生できなくなるので毛は生えてきません。

エステサロンで受ける施術だから、高い効果が期待できるような気がしてしまいます。しかし光脱毛に永久脱毛効果は期待できるものではありません。

実際にエステサロンで光脱毛を完了させた人の例をいくつか紹介します。光脱毛で全身脱毛をして、完了後から3年が経過していてもまだ毛が生えていないという人はいます。ただし全く生えてこないのではなく、ところどころには毛が生えてきているものの、うぶ毛のような細く柔らかい毛だからあまり気にならない、という人は少なくありません。

脱毛完了後に毛が生えてきても、これは時間が経過すれ仕方ない事です。生えてくるのがいやという場合は、光脱毛完了後にも、定期的に施術を受けておくと安心です。頻度は初回よりも減るので、コースではなくその都度でもいいかもしれません。